ヨーロッパサッカー 初心者講座

ヨーロッパサッカーのにわかファンにならないために

にわか

日本には国内リーグであるJリーグがありますが、テレビを通じて世界各国のサッカーリーグを視聴することが可能です。特にヨーロッパサッカーは世界中からトップクラスのプレイヤーが揃い、ハイレベルの試合が行われているため非常に魅力的なのです。しかし、そんなヨーロッパサッカーを見る人の中には、「にわか」と呼ばれるファンがいることを忘れてはいけません。

「にわか」ファンとは、サッカーについて十分な知識が無いにもかかわらず自分がテレビで見たヨーロッパのサッカーが世界最高のものであると信じ込むばかりか、その他のリーグを馬鹿にする人たちのことです。自分はただテレビで遠く離れた国で行われている試合を見ているだけなのに、スタジアムに足を運んで地元のクラブを応援するJリーグファンのことを下に見ているのです。

サッカーのブックメーカーヘ

そういった「にわか」ファンは、どこに行っても毛嫌いされます。そうならないためには、ヨーロッパのリーグだけでなくJリーグも見て、良い点を認めることが大切なのです。

ヨーロッパサッカーの実力は世界随一

実力

サッカーは世界各国でリーグ戦が開催されて実力を高め合っていますが、特に抜け出しているのはヨーロッパです。もともとサッカー文化が盛んなことに加えて、地域に国家が密集しているため他国への対抗意識が高く、サッカーでも自国の権威を誇ろうと切磋琢磨しているためです。

また、近年は世界中でヨーロッパ各国のリーグ戦が視聴できるようになったことも後押しになっています。放映権を売却し、その収入を各クラブに分配することで高い移籍金を支払って世界中からトップクラスの選手を集めることが可能になり、さらに中東やアジアの大富豪がクラブを買収して強化するようになっていることも大きな理由です。

資金力があるリーグは実力が高くなり、そのおかげでさらに人気が出て収入を得やすくなります。するとさらに選手を集めやすくなるという好循環が起きるようになっています。現在はヨーロッパサッカーの実力が世界随一となり、サッカー界を牽引しているのです。

ワールドカップと並び人気のチャンピオンズリーグ

チャンピオンズリーグ

サッカーヨーロッパチャンピオンズリーグは欧州サッカー連盟が主催で行っているサッカーのクラブチームの中で最も優れたチームを決める壮大なリーグ戦になっています。

開催期間は、毎年9月から翌年の5月までで、出場をするクラブは、連盟に加入をしているクラブチームで、各国で行われるリーグ戦で上位に入る事で出場枠を得る事が可能になっています。前年度の国内リーグ戦で上位に入ったチームは、翌年の国内リーグ戦を戦いながら同時進行で、チャンピオンズリーグを戦うことになるため、一部の主力選手がいるだけでは、とても勝ち続ける事は難しくなっています。選手層があり、監督の対戦相手に応じた臨機応変の作戦が鍵を握るチームの総合力を試す事のできる大会にもなっています。

サッカー選手にとっては、ワールドカップと同等以上の価値のあるタイトルになっていることから、選手によっては翌年のチャンピオンズリーグに出場ができるチームに移籍をする事が、年俸の増減以上に重要なポイントになる事もあります。

日本代表がワールドカップで活躍するにはアジアのレベル向上も必要

サッカー選手

サッカーのワールドカップロシア大会での日本代表は、前回大会に比べると健闘したとも言われています。しかし、2014年のブラジル大会では期待されながらも1勝もできずにグループリーグ敗退という結果に終わっています。またロシア大会でもベスト16進出を果たしたものの、イエローカードの枚数でグループリーグを突破したという結果に日本と世界とに差はまだまだ開きがあると言う意見も挙げられていました。

一方でアジアの中での日本代表は、1.2を争う強豪国として位置付けられており、アジアカップでは常に優勝国に挙げられています。しかしそれは、ブラジルやドイツなどのような強豪国がほとんどないという事も意味しています。ちなみにロシアワールドカップではアジアの出場枠は4.5でした。アジアではイランや韓国など日本と同等以上の力をもった国はありますが、その他の国と日本代表を比較すると、普通に試合をすれば負ける事はほとんどないと分析する専門家もいます。つまり日本代表はヨーロッパや南米のワールドカップ予選と比べると戦いやすく、恵まれている環境にあると言えます。ワールドカップで活躍するには、アジア全体のレベルを向上させて、互いの国が切磋琢磨するような環境にならないと日本代表のレベルはいつまでたっても変わらないでしょう。

スタジアム